おばあちゃんから伝わった化粧水は、ビワの葉を煎じた手作り!

びわ スキンケアのよみもの

今回のインタビューは、Yさん。おばあちゃんから伝わる、びわの葉を煎じたスキンケア用品を使っています。薬剤師でもあるYさんは、その科学的根拠を気にしつつも、おばあちゃんから伝わる民間療法的な意味合いで、びわの葉を煎じた化粧水を使っておられます。

●インタビューした相手 Yさん(33歳)

おばあちゃんから伝わった手作り化粧水

 

名もなきライター
名もなきライター

まず、Yさんのスキンケアを聞いてもよろしいですか?

 

インタビュー相手
インタビュー相手

はい、私は

 

●びわの葉を煎じた化粧水
●ワセリンやベビークリーム

 

でスキンケアしています。
ちょっと保湿効果が足りないので、肌荒れが気になるときに使っています。子供も、親である私も同じものを使っていて、子供のあせかき、おむつかぶれ、かゆみ、肌荒れが気になるときに使っています。

 

とのことでした。
妊娠中にニキビができたときに、このビワ化粧水が役立ったそう。

 

名もなきライター
名もなきライター

どういう作り方をしているのですか?

 

インタビュー相手
インタビュー相手

びわの葉を4,5枚、軽く天日で干したものを煎じて、肌荒れの薬として使っています。民間療法なのは理解済みで、本当にトラブルがひどくなったら医者にいっています。化粧水のようにコットンで使用しています。

 

子供の頃から使っているので、もう30年にはなるでしょうか。
愛用しています。軽い肌荒れには、保湿されるので効果を感じています。
九州の実家にビワの木があって、フルーツの実の種から育てた木です。

 

名もなきライター
名もなきライター

煎じて、冷蔵庫で冷やすとか?

 

インタビュー相手
インタビュー相手

民間療法であり、アルコールや防腐剤を使っていないので、ペットボトルの空き容器にいれて冷蔵庫で保存しています。1ヶ月以内に使い切っています。
1ヶ月を超えたら破棄しています。

 

葉っぱは古そうなものを使っています。それが祖母の作り方だったので、エビデンスがあるわけではないのですが・・・。

 

名もなきライター
名もなきライター

現在は関東住まいとのこと。頻繁に煎じているのですか?

 

インタビュー相手
インタビュー相手

結婚後、関東に越してきたので帰省時に持って帰ったり、夏場の肌荒れ時には送ってもらっています。

 

名もなきライター
名もなきライター

それで特にトラブルはなく・・・?

 

インタビュー相手
インタビュー相手

野性的な感じというか、生薬というか、独特のニオイは軽くします。
色は薄めの烏龍茶みたいです。
ニオイは乾く頃には気にならないのですが、色味は、白い服についたら取れにくいと感じています。ポリフェノールなのかな・・・

 

名もなきライター
名もなきライター

ふむふむ。科学と折り合いはつけているのですね。

 

インタビュー相手
インタビュー相手

美白効果があるわけではないですし、ひどくなったら病院にはいきます。
医師には報告していますが、何もいわれていません。
皮膚科の領域で使用するのは、あくまで民間療法なのはわかっているつもりです。

 

ビワの葉自体には。抗菌作用、抗炎症作用がありますが、水で煎じた場合にも効果が保てるのかというと、情報は見つかりませんでした。

 

枇杷葉(びわよう)|伝統医薬データベース

 

ビワヨウ(枇杷葉)|公益社団法人 東京生薬協会

 

漢方では使われているのですね!皮膚科領域ではどうなのか、アースケアさんに聞いてみましょう!

 

まとめ

 

名もなきライター
名もなきライター

私もおばあちゃんから伝承されたら、使っていたかもしれません。おばあちゃんとの結びつきや愛情表現で、コミュニケーションのひとつだった上、スキンケアは学校で習うわけでもなく、人によって本当にさまざまなので。ただ、その上で、いまはスキンケアの勉強をしているので、スキンケアで考えると、ちょっと懸念があるなとは思います。

 

アースケアからのアドバイス

 

アースケア
アースケア

薬剤師として働きながら、民間療法も大切にされているYさん。
薬とのバランスをうまくとって、きっと生活習慣なども大切にされていらっしゃるのだろうなと思います。

 

”ワセリン”や”クリーム”だけでは、水分補給ができません。
正しい保湿は、水分・油分・保湿成分のすべてを与えて、維持させることです。
ですから、水分も油分もきちんと補給されていることはとてもいいことだと思います。
肌の調子に合わせて、うまく使いこなしてくださいね。

 

2点だけお気をつけいただきたいことがあります。
1点は、傷などがあるケガ部分への、びわの葉を煎じた化粧水の使用です。
自然のものを使うと、どうしても不純物が混ざります。
不純物は、アレルギーを起こす可能性がありますので、傷がある部分には避けたほうがいいです。

 

そしてもう1点が、使用前のパッチテストです。
自然のものですから、気候などにより、葉っぱは少しずつ異なります。
葉っぱを収穫した年によって、化粧水も少しずつ違うものができあがっている可能性もあります。
「今年のは大丈夫だけど、去年のは使えない」ということも起こりえます。
ですから、とくにお子さまには、新しいものを使う前にパッチテストをされることをおすすめします。

 

ーーーーーーーーーーーーーー
【パッチテストの方法】
パッチテストとは、事前にアレルギー反応がないかどうか確認するテストのことです。

 

1.二の腕の内側に化粧品を塗り、約24時間後にテスト部位を確かめてください。
2.問題なければ、さらに塗布し、約24時間後に観察してください。
テスト部位に何の異常もなければ、安心してお使いいただけます。

 

テスト中、および2回目の観察時において
・発疹
・発赤
・かゆみ
・水泡
などの異常を感じたら、すぐにテストを中止し、洗い流してください。
異常があった場合は、皮膚科専門医の診療を受けてください。
女性は特に、ホルモンバランスなどもありますので、テスト後1週間ほどたった後に再度パッチテストをされるとさらに安心です。

 

フォローする
免責事項

当コンテンツは、インタビューのとおりに記事化をしております。 「インタビュイーが思う効果のあったスキンケア」を中心に記事化しておりますので、運営者が推奨するスキンケアと相反する内容も含まれております。 人の数だけ肌質があるので、同じケアを行っても効果の有無も少しずつ異なります。 その”少しの差”のヒントとなるものがある可能性を探るため、一切の編集を加えておりません。 ご自身の責任において、情報をご活用ください。

スキンケアのよみもの
シェアする
名もなきライターをフォローする
ハダノリソウ